メッセージ

・不可能

写真 不可能と思う事が、世の中には沢山あります。レースで言うなら、鈴鹿を2分7秒で走る事、ケーシーストーナーを抜く事などです。しかし、本当に不可能でしょうか。1%の可能性も無いのでしょうか。そんなことはありません。可能なのです。その問いに対して、不可能=NO、と言わなければ可能なのです。現在の状況だけで、物事を判断する事は間違っています。自分自身も、機械的なマシンも、サーキットという環境も、未来はどう変化、進歩していくのかは、誰も分からないのです。ですから、すべて可能=YESなのです。何も始めていない、何も可能になる方向に考えていないのに、なぜ、NOというのですか?否定的な考えばかりでは、進歩はありません。月に人間が行く。 現在なら、可能どころか事実です。しかし、200年前はどうか。ある人は可能だと考えた。多くの人々は、そんなバカなと不可能と言った。可能だと考えた人がいて、トライしていたから、現在の科学があり、月にも行ける様になったのではないですか。もしその時、地球にいる全ての人が、不可能といってしまったならば、進歩は無かったでしょう。このように、結果はスグにはやって来ない事もあります。何世代も後になって、初めて答えが出てくるかもしれません。しかし、努力でレースなら、より速く走れるように、自分のライディングやマシンをレベルアップする、そう、努力を続けるのです。 自分が、もうこれ以上速く走れない、怖い、と思っていても、その自分よりもっと速く走る人間はいます。すると、自分の限界はいったい?限界はありません。ある、と自分で決めつけてしまっただけです。本当に自分のポテンシャル=潜在能力が、分かっているのですか。違うでしょう。だからこそ、予選落ちしても、転倒しても、エンジンを壊しても皆、「次はうまく行く」と思ってサーキットへやってきているのです。